名古屋・女性専用の整体
女性専用のここから整体院。http://cocokara.in/
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「内もも」と「引き上げ」
2008年 04月 06日 (日) 11:41
1ヶ月ぶりにバレエのレッスンへ。
このくらい間が空くと、なんだかいろいろバレエのことを忘れている気がしてまずいなあ…と思いつつ
バーについてみる。

ところが…

はじめてかもしれません。
バレエで内転筋と大腰筋のつながりを感じられたのは。

わたしの場合、気を抜くと腰に体重を乗せてしまうので、できるだけ内転筋と大腰筋でからだを
ささえるように意識をもっていく。
ずいぶん内側がバレエらしい動きになったような気がします。
翌日の今日も、全身にほどよい疲れが残っていますが、どこかが痛くて困る…ということはない。


バレエでは 「内もも」 「引き上げ」 で表現されることの多い場所ですね。
レッスンには出ていなかったものの、ここのところの勉強会やワークで、自分の中でつながった
感覚を、ひたすら反復していて…
とりわけわたしは腸腰筋がまるで使えていなくて、その意識づけを日々していたことが
この感覚につながったのかもしれません。

最近、日々の施術でも、足の親指~腸腰筋のラインを重視していて…
現代の生活習慣や食生活などとも関係が深いのでしょうが、特に女性は、ここをつなげてやることが
ちゃんと立ち動くための基本になる方が多いような気がしています。


レッスンにはマメに出なきゃなぁ。

大植真太郎さんのワークショップ
2007年 11月 16日 (金) 21:40
インバル・ピント・カンパニーの公演と合わせて行われた、大植真太郎さんの
ダンスワークショップに参加してきました。
スケジュールの都合で、経験者クラスにしか申し込めなかったので、ドキドキものでしたが
内容は、コンテンポラリーのフロアワークからコンタクトワークへつなげていくもので
なじみのある動きだったので、そこはホッ。

…としたからって、できるわけではございません。
なによりおなか。おなかなのです。ポジション的には。
自分の腹筋、というか、からだの中心でからだの末端(手足とか頭とか)を支えられないことに愕然。
だからアザだらけになる。ひどいものです。

ふと見わたすと、場内のほとんどの参加者がおなじように、からだの中心でからだを支えられない。
全員なんらかの踊りをやっている経験者にもかかわらず、です。

だから踊りをやっていると、からだのトラブルが多い。
使うべきところをいちばん使わず、末端で動かそうとするから。
整体師としてはそう思いました。
んー、これは、ストレッチ教室でも強化メニューを取り入れなくちゃな。

すこしでいいから、毎日エクササイズしよう…と強く思いました。

大植さんは関西弁で、おちゃめにしゃべる。
むかしバラエティなんかに出ていた辰吉丈一郎をなんか思い出す、外見は荒っぽい
あんちゃんに見えて、じつはあたたかいかんじ。
大植さんの動きは、いつもからだの中心から始まっていて、ほんとうにうつくしい。
そして、整体師としてはあのうつくしい背中に見惚れました。
いつかこのひとが踊るところを観てみたいなあ。

ひさびさに
2007年 10月 07日 (日) 18:47
きのうは2ヶ月ぶり、にバレエに行きました。
最近、クライアントさんに体の使いかたを説明しながら、自分の感覚があやふやになっていることに
イヤな汗が出てきていたところ…
もう完全に体がパを忘れているのでは、と本気で怖くなりつつ、しかし出たのは中級クラス。
おそろしい。

順番はおぼえられないのに、周りを見ながらならなんとか動けるもので、それがびっくりした。
しかし、動きの質までは体は忘れちゃっております。
アンシェヌマンがむずかしかったのがなにより大きいけれど、足を元の位置にもどす寸前の
ターンアウトとか、最後の最後だけどいちばん重要!な部分が、まるでおろそか。
おかげで、元々問題のある右足が腰痛を呼んでおります…

でも、あんまりジリジリ系のクラスもなぁ。
動いて動いてスカッとするくらいの方が、わたしにはいいのかも。
他に時間の合うクラスもないし。

さて
クラスでばったりお会いした方が、オーディションに受かったそうで、コンドルズの舞台に
出演されるとのこと。
ということは、これで4人知り合いが出るのか…観に行かないわけにはいきませぬ。

ATダンスワークショップ
2007年 07月 19日 (木) 23:18
おどる人のためのワークショップ(アレクサンダー・テクニーク・ジャパン主催)
と、いう会に行きました。
講師は、ダンス&アレクサンダー講師でフランス人の女性2人。
どんなワークショップになるのかな? と楽しみに。

内容は、基本的な動きやコンテンポラリーの基礎に、アレクサンダーの考え方を
プラスしている感じ。
こういう試みは初めて…というものは実はなかったのだけど、発見は多かった。


ひとの動きを見ていて :

日常生活では直線的な動きをするのに、重さをイシキしたり、ムリなく動こうとすると
回転の動きを採ること。
大きく動いて、と言われると、腕でやろうとすること。
型に嵌める、という条件反射みたいなもの。
あずけるまえに、はたらく抑制。
日本人にはバレエは人気でも、コンテンポラリーは受け容れられにくい理由。
肩こりや腰痛のひと(ダンサーにかぎらず)が多い理由。


自分の感覚で :

絶対に安全だと分かっていても、目をつむって歩くと怖さを感じること。
ひとつ目的や意思を持つと、他に意識を向けるのは実にむずかしいこと。
試みひとつ意識ひとつで、動きが変わることの再確認。
同調と高揚。
関係性、連鎖、コミュニケーション。


てな感じでしょうか。
何をどうしたかの順序立てた説明はニガテなので…

いつもつらつら考えている、カラダのことや施術のことへのヒントやパーツが
またバラバラバラところがっていて、いくつも拾ってみたのでした。


講師のひとり、クレア・オルフの、参加者募集要項にあったことばが良かったな。

痛みなんか、大丈夫よ、きっと。

なんかね、いいです。
そのとおりだと思います。
誤解を招かずに理由を説明できそうにないので、それは止めておきます。


場所がまた、八角形の演劇向きのホールで、天井高いし、暗幕と天井のライトで
雰囲気たっぷり。あれはワークを促進してただろうなぁ。
人数の割にちょっとせまかったけれど。

ストレッチ教室のウォーミングアップにも使えそうなことが、ぽろぽろと。
7/26にやるストレッチに参加されるみなさま、楽しみましょうね~。


フロア・ストレッチ教室 参加者募集中です>>
ここから整体院 TOPにもどる>>
インプット
2007年 07月 16日 (月) 16:44
旅行後、ひさしぶりに時間ができたので、じつに2ヶ月ぶりにバレエのレッスンに行きました。

バレエをやる方のためのコースも設けているというのに、自分自身がプリエの
感覚さえも忘れかけている…という体たらく。
だからどうなることかと思ったけれど、質はともかく、アンシェヌマンの動きだけは
追える自分のカラダの記憶に、けっこうおどろいた。
人間、カラダでおぼえたことを、脳みそはけっこうおぼえているものなんですね。

旅行前までしばらくけっこう忙しく、アウトプットばかりでインプットをする時間が
ほとんどありませんでした。
ひさしぶりにレッスンに出て、自分がどれだけインプットに飢えていたか
あらためて思い知らされた。
やっぱり、バランスは大事ですね。
今後はちゃんとレッスン時間を確保しようと思ったのでした。


ここから整体院 TOPにもどる>>
copyright (C)2009 cocokara all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。