名古屋・女性専用の整体
女性専用のここから整体院。http://cocokara.in/
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うねり
2009年 02月 18日 (水) 16:59
なにかが過渡期にあります。

ええと、施術のこと。


最近、ますます「何しているの?これだけ?」「あやしいですよね」というような施術に時間を割くことが増え…
それでも信頼し、しずかにからだを委ねてくださるクライアントさんには、いつも感謝と、そのおからだの内からわき上がるみずみずしい躍動に、感動する毎日。

集中のしかたもすこし変わってきて、肉体労働的には以前とくらべると負うところが少ないのですが、集中力の度合はいっそう密度の濃いものになりつつある。



たとえば筋肉や関節が硬いとして、そこにはそうなった、いろいろな背景や過程があって。
それぞれの工程をたどって硬くなったものを、ただほぐしてあげる、ガシガシ動かしてやる…という一辺倒なやり方に、どうも自分の中で生まれる、つながらないもの。
折り紙を元のかたちにもどすには、力づくで引っぱってもだめで、折ったときと反対の順に開いていかなければ、うまくいかない。

さらに、人間のからだは折り紙ではなく生きているもの。
あなたの意志は? 声は? いのちはどこ?
わたしが呼びかけ、あなたが返事をしてくれる。

あなたとわたしの呼吸が合った、まさにそのとき、からだは楽になっていくような気がしているのです。



整体にも好みはある。とりわけ女性の好き嫌いや直感は正しいです。
わたしの整体が合わない方も、もちろんいらっしゃいます。
状態によっては、1~2回目は楽にならないこともあります。
それでも、信頼して委ねてくださる方がいらっしゃる。
そんなの、奇跡のようなことだと思います。

感謝をことばにあらわすことはむずかしい。
できることを、精一杯やらせていただこう。そう思っています。


今は自分のなかの、ただただ止まらない流れを見つめるばかり。

Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C)2009 cocokara all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。