名古屋・女性専用の整体
女性専用のここから整体院。http://cocokara.in/
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
股関節が鳴る
2006年 06月 19日 (月) 23:44
たずねられることが多いので、書いてみます~


◆ 関節などで、音が鳴る基礎知識

関節を動かすと音が鳴ることがありますが、これは骨が鳴る音ではありません。

関節となる骨と骨の間は、関節包という薄い膜のようなもので覆われており
そのなかに滑液という、ゼリーのような潤滑剤の役をする液体がつまっています。

関節の鳴る音は、この液体の中に、圧力などによって生まれる空気(気泡)が
はじける時の音。骨そのものがポキポキいうわけではありません。


◆股関節の音が鳴ることについて

よく言われているのは、固くなってしまった股関節まわりの筋や腱が
骨や他の組織とこすれ合うことで音が鳴る、ということ。

他に、上で説明したメカニズムによることもあります。

結論として、音が鳴ること自体そのものは、痛みや違和感をともなわなければ
過剰に心配することはありません。
ただし、長い期間で見てみると、こすれることで磨耗したり、傷つく可能性が
あるかもしれません。わざと鳴らすことはやめましょう。


また、股関節の動きにかかわる筋肉や腱のどこかが固く(あるいは柔らかく)なり
今までと動きかたや稼動域が変わることで、関節面の接地が変わったり
バランスがちぐはぐになってしまい、音が鳴りやすい状態になってしまった…
ということも考えられます。

この場合、こうだから鳴る、というパターンがあるわけではありません。
生活習慣、スポーツ環境、運動量、カラダの使い方…原因と結果はさまざまです。


最近スポーツやストレッチをしていて、股関節まわりの柔軟性が高まった or 落ちた
筋力がついた or チカラが入りにくくなった etc…ということはありませんか?

たとえば踊りをやっているひとのなかには、開脚はトクイだけど
前もものストレッチはしたことがない、というひとが、けっこういる。
ためしにやってみてください。正座もけっこうつらい!という方、いませんか?
この場合、原因は前ももにあるかもしれない、と考えることができます。

ひとつひとつ確認していくと、どこかにヒントが転がっているかもしれません。


ここから整体院 TOPにもどる
Comment
師匠と呼ばれている男です。
たぶんこの話しは僕がソースなので、ちょっとだけ加筆します。
「音がするのは、この液体の中に入った空気(気泡)がはじける音なんです。」の部分です。

音がするのは関節包でキャビテーションが弾けて起こると言われています。
キャビテーションとは液体の流れの中で圧力が低い部分で気体が生まれたり気泡が出来ることと言われ、それが弾けるときに衝撃音がすると言われています。
ようするに、関節部分で骨が動くときに、関節包内にある滑液が移動するときに流れが生じ、その時にキャビテーションが弾けることによって音がなる、と、そういうことだと聞いています。

おせっかいですみません。
ついでに言うと、何度も同じ部分で音がするということがありますが、これについては原因を聞いたことがありません。
個人的な見解としては、腱の部分が骨や他の腱とこすれることによって出る音だと思っています。
2006/ 06/ 20 (火) 13: 30: 19 | URL | あら木 # -[ 編集 ]
いつもありがとうございますm(_ _)m&許可なしで追記させていただきました。問題があればご指摘ください。
やはり表現は難しいですね。
2006/ 06/ 20 (火) 22: 55: 49 | URL | おおの # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C)2009 cocokara all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。