FC2ブログ
名古屋・女性専用の整体
女性専用のここから整体院。http://cocokara.in/
松森健三
2008年 08月 25日 (月) 11:07
そういえば、広島のお義祖母ちゃんのだんなさん、つまりお義祖父ちゃんは画家です。

オットに聞いたら、なんとオフィシャルHPがあるという。
えっそうなの!?

松森健三 水彩画の世界>>

名前はけんぞうではなく、けんそうです。
わたしの自宅には、お義祖父ちゃんの描いてくれた、あの近所の港の絵があります。
好きです。

よろしかったらどうぞ。

afterimage 4th PINCH
2008年 07月 18日 (金) 22:14
afterimage 『冗談じゃない、俺たちにはまだメタンハイドレードガスがある』
観てきました~。

今しかできないことを、全力でやっているダンス集団です。
いろんなことを体験して、取り入れて、試みている。
去年に引き続きおなじネタで、くすりと笑わせることもすれば(邦楽ネタは秀逸!)、
あたらしいことにも挑戦している。
時のながれ…経験や年齢とともに、自然にダンスの質もすこしずつ変化していて。

いちばんからだが効く、今こそしかできないことって、あると思う。
それにひるむことなく全力で挑み、がっつり向き合っていることに、惜しみない拍手を送りたい。
彼らがいると、名古屋のコンテンポラリーダンスは元気になる気がします。

最近ダンスはごぶさたぎみだったのですが、やっぱりじんわりとパワーをもらいました。
しかしやっぱりハラハラはするのよ…だれも怪我しませんように。

息ぬき読本
2008年 06月 25日 (水) 20:57


エライ今さらなのですが、とくに見城さんの方は、今になって読むからこそ内容を
理解できる部分があるというか…

それにしても、よくよく真逆にちかい内容のおふたかたを1冊にしたものだと思います(笑)

からだの本
2008年 06月 12日 (木) 16:03
2年ぶりくらいにアマゾンのリンク使ってます。



ええ本やわぁ…

かゆいところに手が届きます。


著者紹介を読んで、ちょっと笑ってしまった。
このシリーズもそうだけど、生理学バージョンは読み物としておもしろい。(のだけど解剖学は…)
生理学の教授には味のある方が多いのかしら。

愛知と青春の旅立ち~コンドルズと祝おう~
2007年 11月 02日 (金) 15:44
と、ゆう愛知芸術文化センター15周年記念イベント、である舞台を観に行ってきました。
観てみてやっと気づいたのだけど、 『コンドルズの舞台』 というよりは
センターの記念イベントなのでした。
なので(?)、この舞台には出演者の一般公募があって、そこに4人知っている方が
出ることになっていたのでこれは!と観に行ったら、実際は4人ではなく5人でした。

愛知に越してきて1年と3ヶ月。
いつの間にこんなに、ダンス関係で知っているひとが名古屋に出来たんだろ。
なんだかあっけにとられてしまう。

コンドルズの舞台ってはじめてだったのですが、つまるところライブなのね。
オールスタンディングで、舞台と客席の境界のあまりない、むさくるしいハコが
ほんとうは似合うのにな、なんて思いながら観ていました。
実は興味を引かれたのはどっちかというとダンスよりも音楽で、
よくこの編成でこんな曲作ったなー、よくこの曲で楽器合わせられるなー…と
ちょっと昔の記憶がよみがえるようなカンカクにおちいっておりました。
そういうイミでは、ワタシ的にはこの舞台の影の主役は石渕さんだなあ。
しかし彼がダンサーでもあるとは知らなんだ。ばんそうのおにいさん(by サラリーマンたいそう)
だと思ってたよ。

近藤さんの踊りはあまりなかったけれど、キレはあいかわらずすばらしかった。
それはともかく、サバンナのおきて、というおうたがサイコーでした。

また楽器でもやろうかな~という気分に、ちょっとなった夜。

出演者のみなさま、ほんとうにおつかれさまでした!



行くときに通った、栄の中日ビルの脇に黒山の人だかりと声援。
そう、ちょうど中日ドラゴンズ・53年ぶりの優勝が決まった日でもありましたね。
まさに名古屋はお祭りさわぎの夕べだったな。
ファンの皆さま、おめでとうございますー。

copyright (C)2009 cocokara all rights reserved. designed by polepole...